卒業生のメッセージ

聖ヶ丘を卒業した方へのインタビューです。






私は多摩大聖ヶ丘で中学・高校の6年間を過ごしました。
友人にも先生にも恵まれ、とても楽しく有意義な生活を
送ることができました。その中でも聖ヶ丘で特に得られたことは、
専門的な知識と考え方だと思います。
高校2、3年での専門授業はごく少人数でおこなわれ、先生との
マンツーマンに近い感覚で質問もしやすく、自分が納得するまで
付き合ってくれました。先生もその分野の知識に長けた優秀な方が多く、
生物や化学、数学の授業は毎回楽しみにしていたのを覚えています。





聖ヶ丘での6年間で得たこと ? それは、思いを行動に移す力でしょうか。
中高の思い出を振り返ってみても、いつも自分たちで考えて行動していた気がします。
きっと先生方が、あえて「答え」を言わず、「道筋」を示す指導をしてくださったからなのでしょう。
私は一般企業にて6年間、TV番組の制作業務に携わっておりましたが、聖ヶ丘で身につけた力がどれほど企画に影響を与えたか分かりません。
そして、その仕事を辞め、今度は母校の教員として戻って来ました。
これもずっと抱えていた教員への夢を叶えるため、思いを行動に移した結果です。これからは一人でも多く、思いを行動に移せる生徒を増やしていくつもりです。





私は中学校・高校ともに聖ヶ丘で過ごして来ました。
聖ヶ丘は生徒も先生方も穏和で思いやりがあり、
とても居心地の良い学校でした。
たとえ先生に厳しく叱られても、生徒に対する思いやりが感じられ、
優しさゆえの厳しさだと感じることが出来ました。
そのようなことを通して、私は精神的にも大きく成長する時期である
この6年間に、思いやりや優しさという大切な心を学ぶ事が出来たと思います。





僕は聖ヶ丘の野球部で、
たくさんの個性豊かな仲間ができました。
そして生涯の親友にも出逢えました。
この仲間と歩んだ道のりは今後の人生のなかで、
大きな励みとなることは間違いありません。
「野球ができる事に感謝」これが僕の座右の銘です。
今、好きな野球ができるのは親、先生方、そしてチームメイトのおかげ。
この感謝の気持ちを胸に、最高の仲間に出逢えた事を「絆」に刻み、
走り続けていきたいと思います。

前のページに戻る

  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 五十嵐校長のWEB日記
  • スクールライフ
  • 聖っ子の夢:ムービーへ
  • 聖ライフ:ムービーへ
  • よくある質問
  • 聖ヶ丘の生き物ウォッチング
  • 聖ヶ丘植物図鑑
  • デジタルパンフ

ページ上部へ