コオニタビラコ(キク科)

オニタビラコに比べて小型で、春先の水田に平たく張りついたように咲きます。その様子から「田平子」と呼ばれています。公園などでもやや湿ったところに見られます。春の七草のホトケノザはこれのことです。