セイタカアワダチソウ(キク科)

北アメリカ原産の帰化植物。10月頃、名前の通り背の高くなった茎に黄色い穂のような花をつけ群生する姿はよく目立ちます。道路脇の空き地などでよく見られます。