ヒガンバナ(ヒガンバナ科)

名前の通り秋のお彼岸の頃、学校では毎年文化祭の前後に見られます。昔、中国から持ち込まれたものといわれ、人が植えたものが広がったのでしょうか、神社の脇など毎年決まった場所で見ることができます。