ヒルガオ(ヒルガオ科)

6月の終わり頃から野原や道ばたのフェンスなどで見られます。花は直径5pほどでコヒルガオより大きく、葉はコヒルガオより細身です。