タチイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)

ヨーロッパ原産の帰化植物。オオイヌノフグリよりは小さい花で、茎が横に広がらず直立しています。4月〜6月頃、道ばたや芝生などに見られます。実はやはり「ふぐり」の形をしています。