ニガナ(キク科)

5月〜7月、野原や林道などによくみられます。茎や葉に苦味のある液が含まれることから名前がつけられました。5枚の花びらのように見える一つひとつが小さい花で、この小花が10枚ほどのものはハナニガナと呼んで区別しています。