マムシグサ(サトイモ科)

5月〜6月、学校裏の神社など雑木林の林床に見られます。花のまわりの筒のようなものは仏炎包と呼ばれこの中に小さな花があります。茎のまだら模様からマムシを連想したようです。