カラスノエンドウ(マメ科)

4月から5月頃、畑のまわりや道ばたでよく見られ、学校の裏門をでたところにも毎年群生しています。複葉の先は巻きひげになっており、これでとなりどうし支え合ってのびていきます。