キランソウ(シソ科)

4月〜5月頃、畑の脇や雑木林の斜面などでよく見られます。茎は横にはって広がり地面に張りつくように紫色の花を咲かせます。この様子から「地獄の釜のふた」とも呼ばれています。