ヌスビトハギ(マメ科)

8〜9月、林の縁などで見られます。実の形がおもしろく、盗人の足跡に見立ててつけられた名前で、衣服などにもよくくっつきます。