ヒヨドリバナ(キク科)

8〜10月、林の縁や斜面でよく見られます。花は白ですが紫ががったものもありフジバカマにも似ています。黄色い模様のある葉はウィルス病にかかったものです。