センニンソウ(キンポウゲ科)

つる性の植物で、8〜9月に低木にからんで白い花を多数つけ遠くからもよく目立ちます。種の先に白い羽毛のような物がつきこれを仙人のひげに見立ててつけられた名前と言われています。