ガマ(ガマ科)

7〜8月に池沼や湿地で見られます。数が少なくなっていますが、学校裏の湿地にはまだ健在です。高さは1.5〜2mにもなり先端に茶色い穂をつけますが、これは雌花でその上に雄花のまとまりがあります。