イヌゴマ(シソ科)

7〜8月、田んぼの脇のやや湿った場所などで見られます。茎の先に花穂をつけピンクの花を輪生状につけます。花の形はカバがあくびをした様子に似ていると言われています。