タカトウダイ(トウダイグサ科)

7月頃谷戸田の脇の斜面などで見られます。高さは50〜60pで茎の先に5枚の葉が輪生しその先にさらに枝を出して小さな花を複数つけます。燭台に似ていることからつけられた名前です。