ハハコグサ(キク科)

4月〜6月、畑のまわりや道ばたで普通に見られます。全体が細かい白い毛でおおわれてふわふわした柔らかい感じから「母子草」の名前がつきました。春の七草のオギョウはこの草のことです。