ウラシマソウ(サトイモ科)

花のつく付属体の先が長く伸び釣り糸を垂らしているように見えることから名付けられました。数が少なくなっていますが、学校裏の畑の脇などで数株まとまって見つかりました。