多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校教育後援会 本文へジャンプ
教育後援会

 多摩大学附属聖ヶ丘中学高等学校 教育後援会では、生徒のより良い学校生活のため、 教職員・保護者・地域と一体になって支援活動をおこなっております。
 保護者間や教職員とのコミュニケーションの場の提供、講演会の実施、聖祭(文化祭)や卒業を祝う会の支援などに加え、渉外活動として各種父母の会への参加などもおこなっています。

     −平成23年度 活動方針−

 

東日本大震災から1年が過ぎましたが、大きな余震や原発問題など不安定な状況がつづいています。今、世の中は復興に向けて力強く歩み出し,物質的には豊かになってきている反面、人と人とのつながりが希薄になりがちになるなど、子どもたちを取り巻く環境も変化してきているのではないでしょうか。そのような時ですから、学校・家庭・地域との連携を大切にし、子どもたちに命の大切さ、人を思いやる心、そして人と人との絆の大事さを伝えられるような、よりよい教育環境作りための手助けとなる仕組みや組織が必要なのだと思います。

本年も教育後援会は、学校と家庭を結ぶ情報交換の場として、また,各委員会の充実・本部と委員会の連携を通して、色々な行事における皆さまの関心を高められるよう、明るく・楽しく活動をしていき、さらにはこの活動が次の教育後援会に繋げるべく,魅力あるものとなるように運営してまいります。皆さまのご支援,ご協力をお願い申し上げます。


ご挨拶

教育後援会 会長 笠松 清美

 

 平成24年度の教育後援会の活動がスタートしました。

 私たち本部役員9名は、先生方と保護者とが協力して、子どもたちの成長のため、また学校のために、よりよい環境作り・雰囲気作りに努力されてきた活動を継承し、本部役員・各委員会のみなさんと協力し合い、明るく・楽しく笑顔を忘れず活動をしていきたいと思っています。

 微力ではありますが、1年間の活動を通して子どもたち・先生方・保護者とのパイプ役となり、あいさつ・コミュニケーションを大切に、人と人との絆が深められるような活動を通して、教育後援会が魅力あるものとなるよう進めてまいります。

 聖のみなさん、1年間ご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。