Q&A よくある質問

皆さまからよくいただく質問の回答を掲載しております。

[ 学校の概略に関して ]
[ 学校生活に関して ]
[ 学習と進路に関して ]

どのような学校ですか?
1学年120名の小規模な学校です。生徒と教員の間が近いため、一人ひとりの生徒を教員全体で見ることが出来ます。40人×3クラスが基本ですが、中学1年では30人×4クラスの編成にしたり、中学3年および高校1年の英語と数学の授業では習熟度別に4展開にしたりと、目の届きやすい環境をつくっています。また、「進学重点主義」を掲げつつ、学校行事や部活動などにも力を入れて、学力だけではない総合的な「人間教育」を目指しています。

ページ上部へ

始業時間と最終下校時刻を教えてください。
中学・高校ともに8時20分から「朝の読書」が始まります。遅くとも始業の5分前には登校し、準備を済ませておいてください。最終下校時刻は、中学生が17時45分、高校生が18時30分です。

ページ上部へ

スクールバスはありますか?
登校時は永山駅から7時25分と7時55分に、聖蹟桜ヶ丘駅からは7時30分にそれぞれ運行しています。下校時には、基本的に15時55分、17時45分と18時35分に運行しています。ただし、バスの乗車定員が89名ですから、満員になったら乗れませんので注意してください。なお、スクールバスの運賃は無料です。
詳しくはこちら

ページ上部へ

クラス替えはありますか?
毎年実施します。中学1年・中学2年ではほとんどの授業をHR単位で受けますが、中学3年以降は習熟度別授業や選択授業などが多くなり、他のクラスの生徒と一緒に授業を受けることもあります。クラス替えの際には、担任が替わることもあります。

ページ上部へ

昼食はどうしていますか?
家から持って来たお弁当を教室で食べるのが基本です。構内にあるコンビニで、パンや飲み物を買うことも出来ます。また、大学の学生食堂を利用することも出来ます。

ページ上部へ

校則は厳しいですか?携帯電話は禁止ですか?
本人だけでなく、周囲の人たちも心地よく安心して学校生活を過ごせるように、常識的なルールを定めた「生徒心得」があります。厳しいかどうかは捉え方によるかもしれませんが、生徒全員にその意味を理解し守ってもらうために何度も話をし、指導をしています。携帯電話の持ち込みは許可していますが、校内での使用は禁止しています。必ず電源を切るようにしてください。

ページ上部へ

クラブ活動は盛んですか?
生徒が自分の希望するものに自主的に参加します。文化系・体育系それぞれのクラブが活発に活動しています。中学・高校一緒に行っているものもあり、そのようなクラブでは、中学生が高校の先輩から学んだり、高校生が中学生の面倒をよく見たりしています。なお、中学生の入部率は90%を超えています。
詳しくはこちら

ページ上部へ

特徴的な施設はありますか?
本校のプールは室内温水プールなので、冬でも定期的に水泳の授業を行います。終了後はサウナで身体を温めてから教室へ戻ります。また、校舎の最上階には天体観測室があり、理科の授業や天文部の活動に活用されています。
詳しくはこちら

ページ上部へ

修学旅行先はどこですか?
中学校では、3年生の2月末から約2週間のニュージーランド修学旅行があります。1家庭1名のホームステイが特色で、現地校での交流を始め、それまでに学習した英語力とコミュニケーション能力をフルに活用して異文化を体験します。語学力の重要性を学ぶだけでなく、この親元を離れた2週間の生活が「大人になる準備期間」とも言えます。そのために、中学2年生では10月下旬に英語力のチェックと実践を兼ねたイングリッシュ・キャンプを行います。高校2年生は10月下旬に実施しますが、それに先立つ1年前から準備を始め、グループで相談して3地点から1つを選定する多方面修学旅行が特徴です。3つの候補地について、それぞれ事前調査や準備を始め、自主行動計画の作成と発表を行います。

ページ上部へ

授業の進度は速いですか?
中高一貫教育でカリキュラムが組まれていますので、若干速めです。これは単にスピードが速いという意味ではありません。授業時数にも余裕がありますので、内容を深く掘り下げると考えてください。授業に不安のある生徒には、担任や教科担当の教員が迅速に対応し、放課後講習や個別指導を行いますので、心配する必要はありません。ただし、予習・復習は欠かせません。自ら積極的に授業に参加する姿勢は常に求められます。

ページ上部へ

補習はありますか?
数学と英語は2週間に1回の小テストを行い、基礎学力の定着と応用力の育成を図っています。また定期考査前には、卒業生による土曜サポート講座や直前講習があります。夏休みに実施しているサマーセミナーでは、中学生は基礎講習、発展講習それに体験学習を取り入れ、自ら学ぶ意欲的な学習態度の育成を行っています。

ページ上部へ

現役生の進学状況を教えてください。多摩大学への推薦入学は?
ほぼ全員が大学への進学を希望し、80%ほどが現役進学しています。例年、国公立・早慶上智・理科大・MARCHなどにも多数進学しています。多摩大学には経営情報学部とグローバルスタディーズ学部があります。自分の進路に合った大学であれば、附属校ですから、高校3年間での学業成績などが一定の基準に達していれば、推薦制度を利用して進学することが出来ます。
詳しくはこちら

前のページに戻る

  • 在校生・保護者の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 五十嵐校長のWEB日記
  • スクールライフ
  • 聖っ子の夢:ムービーへ
  • 聖ライフ:ムービーへ
  • よくある質問
  • 聖ヶ丘の生き物ウォッチング
  • 聖ヶ丘植物図鑑
  • デジタルパンフ

ページ上部へ